日本大好きプロジェクトとは

多摩大学村山ゼミ日本大好きプロジェクトでは、平成20年10月より日本の伝統文化を伝承してゆく活動を始めました。
また、平成23年3月より、震災直後の東北に足を運び、現地の方々の想いを伝えています。

現在(平成31年3月)、幼稚園、保育園、児童館、その他高齢者施設などで2,192回の訪問型子ども向けイベントを実施しています。
港区六本木の東京ミッドタウンや港区浄土宗増上寺などで和紙キャンドルを用い、多くの方々に日本の「和」を感じて頂く和紙キャンドルイベントを実施させていただきました。

日本の伝統文化に数多く触れて頂くことで、多くの方々に日本を深く理解し、心から「大好き」になって頂くことを目指します。
現在、主に子どもたちに伝えることを中心に活動を進めておりますが徐々にその範囲を広げ、様々な形老若男女が参加する活動にしてゆきます。
そして最終的には街のあらゆるところで日本の伝統文化に触れることができ、皆で「日本大好き!」と言えるような雰囲気を創ってゆきたいと考えています。

最新活動状況

日本大好きプロジェクト公式サイトおよびソーシャルメディアで活動状況を随時更新しています。
是非フォローしてください。

日本大好きプロジェクト(東北とつながる)

日本大好きプロジェクト(伝統伝承文化活動)

Instagram


    和紙が光る幻想的な雰囲気に包まれながら東北を応援しませんか?

         

    「いま」をもっと伝えるために、これからも東北を訪問します。 ぜひ応援お願いします!

    最新情報はTwitterやFacebookでもお伝えしていますので、是非フォローお願いします!