道の駅あいづ

道の駅あいづには、案内所がありパンフレットが数多くおいてある。どこに行こうか迷った方や観光地を知りたい方などは、立ち寄ってみてはどうか。

道の駅あいづ

地域の特産物を手軽な値段で購入することができる。また、レストランも併設されており、食事も楽しめる。中でも多数の味がある「12か月のジェラート」はオススメである!

冬でも食べたくなるジェラート

私たちが道の駅あいづを訪れたのは、1月の下旬であった。もちろん雪が降り続け、1晩で膝丈まで積もってしまうほどであった。そのような中、道の駅あいづに入ると入り口に「12ヶ月のジェラート」というジェラートの店があった。外の温度が-5℃ほどであったため、当初「ジェラートはちょと。。。」という感じであったが、建物内を歩き続けると体も温まり、ジェラートも食べたくなった。

私たちが購入しようとした時には、すでに5組ほどの方々が並んでいた。

14種類の手作りジェラート

冬にも関わらず、人気のあるジェラート店の秘密は、全てを手作りであるということだった。
店員さんが毎朝14種類のジェラートを作っているという。
道の駅ならでは、原材料を地元産にこだわり、新鮮で旬な野菜や果物をふんだんに使用している。
道の駅あいづに立ち寄った際には、手作りという手間を愛が詰まったジェラートを堪能してほしい。

 

基本情報

名称
道の駅あいづ
住所
〒969-3555 福島県河沼郡湯川村佐野目五丁ノ目78−1

“福島県河沼郡湯川村佐野目五丁ノ目78−1”
アクセス
JR会津坂下駅より車で15分
営業時間
9:00~18:00
定休日
なし
その他
駐車場あり(無料)

東北3県125市町村、約2,500人の想いを灯す。
和紙キャンドルの幻想的な空間で、
東北の今を感じてみませんか?

「いま」をもっと伝えるために、まだまだ東北を訪問します。
ぜひ応援お願いします!

みなさんの応援が励みになります。最新情報はTwitterやFacebookでもお伝えしていますので、是非フォローお願いします!