東北の方々の想い

投稿日:2020年1月28日

私は昨年の冬から東北3県に足を運んでいます。
初めて東北に訪れた際には、言葉では現しきれない
感情を覚えました。

いまだに復興が進んでいない市町村や
震災当時のまま残されている建造物などを実際に拝見した際には
衝撃を覚えました。東北に足を運ぶ前と運んだ後では、
東京ミッドタウン和紙キャンドルガーデンに対する
想いが非常に強くなりました。

また、東北に一度だけ足を運ぶのではなく
何度も足を運ぶことで毎回違った経験があり、
学ぶことも多くありました。

被災者の方々一人一人が抱いている
「想い」がありそれを伝えることができるのは、
その想いを直接聞いた私達だけです。

東日本大震災から9年経った今だからこそ、
9年経った今しか伝えられないことが多くあります。
その「想い」をこのイベントを通して
和紙メッセージなどから感じ取っていただければと思います。

また、このイベントを通して少しでも
「東北」に興味・関心を持っていただければ幸いです。

私達日本大好きプロジェクトも
このイベントへ少しでも多くの方々にお越しいただけるように
精進して参りますので、皆様のご協力のほど
よろしくお願い申し上げます。


東北3県43市町村、約2,500人の想いを灯す。
和紙キャンドルの幻想的な空間で、
東北の今を感じてみませんか?

「いま」をもっと伝えるために、まだまだ東北を訪問します。
ぜひ応援お願いします!

みなさんの応援が励みになります。最新情報はTwitterやFacebookでもお伝えしていますので、是非フォローお願いします!