皆様、

こんにちは。

お琴担当の三好です。

 

2月に入りだんだんと暖かくなってきた今日この頃。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

お昼時はもうマフラーも必要なくなってきた感じがしますが、油断をしていると夕方の冷え込みで痛い目を見ることも多々ありますね。

この時期、体調の管理にはいっそう注意しなくてはいけませんね。

 

さてそんな本日2月9日に私たちは中野区にあります文園児童館にてお琴イベントを行わせていただきました。

 

今回お琴の演奏をしてくださったのは神谷舞先生と平野寿里先生のお二人です。

イベントが始まり、はじめに演奏した曲はお正月によくテレビやお店で耳にすることのあるアノ曲。

曲名は「春の海」と言うのですが、神谷先生と平野先生がお琴を弾き始めると子供たちもテレビで聞いたことあるー、と興味津々でした。

お次はポニョのテーマソングを演奏。

こちらは誰が言わずとも子供たちがみんな自然と歌いだしていました。

ジブリの曲は老若男女誰もが親しみがあり、さらにそれをお琴で弾いてしまうなんてとても面白いですよね。

 

演奏の後はみんなにもお琴を実際にさわってもらいました。

学校の音楽室にピアノはあってもお琴がおいてあるなんてなかなかないですから、みんな物珍しそうでした。

 

20130209 文園児童館お琴イベント写真1.jpeg

 

初めてのお琴はどんな感じだったのでしょうか。

 

20130209 文園児童館お琴イベント写真2.jpeg

 

20130209 文園児童館お琴イベント写真3.jpeg

こちらは神谷先生と平野先生からレクチャーを受けている場面ですね。

お琴を実際に触ってみてどうだったでしょうか。

神谷先生と平野先生がお琴についてたくさん教えてくれたよね。

みんな覚えてるかな?

お琴を触っちゃうなんてなかなかないことだから、おうちに帰ったら先生に教えてもらったことをいろんな人に自慢してみてね。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

また、本日は神谷先生、平野先生、文園児童館の皆様、本当にありがとうございました。

 

日本伝統文化伝承活動 日本大好きプロジェクト TOPページへ

2013年2月9日:文園児童館 ~琴イベント~

投稿ナビゲーション


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。