お久しぶりです。
二年の藤岡です。

本日は福島の須賀川市にて行われた、『松明あかし』その前夜祭から当日にかけて
私たち日本大好きプロジェクトは携わらせていただきました。

今回はそのお話を致します。
短い時間ですのでおつきあいください。

私たちは11/11に東京を経ち須賀川へ向かいました。
その日は、企画・運営をしました。『松明あかし・前夜祭ろうそくあかし』当日でした。
商工会議所青年部の方々の協力で、我々の和紙キャンドルを用いて麻の葉と七宝の文様を表現しました。これは『つながり、絆』を意味します。
今回の大地震で亡くなられた方の鎮魂。
そしてこれからの復興に向けて届けたい想いを込めたイベントとなりました。
当日に来場されたお客様にもメッセージを書いていただけるブースを設置しました。
雨のなかでしたが、小さいお子様からおじいさん、おばあさんさらにはご家族みんなで和紙にメッセージを描いていただきました。

ろうそくあかし1.jpg

終始、雨は降り続きましたが、
訪れた方々が『きれい!、すごーい』と喜んでくれていました。
私はその中で、1人のお客様に
『ありがとう』という言葉をいただきました。
この一言を聞いたとき、ジーンと熱いなにかがこみ上げてきました…

予定していた時間を少し延長し無事終えることができました。

その夜は、商工会議所の方々が
打ち上げの場を用意していただき、松明あかしの歴史やイベントの反省と貴重な時間でした。

あさのは1.jpg

そして、11/12松明あかし当日。
この日は、キャンドルアーティスト キャンドルジュンさんの活動『LOVE FOR NIPPON』のイベントスペースのお手伝いをさせていただきました。

実際の松明あかしの様子は
まさに圧巻の一言に尽きます。
最大25mの大松明から、地元の高校や中学校が作成したものなどが立ち並び燃えあがり、狼煙をあげる姿。
これが『復興ののろし』となるよう願っております。
私たち日本大好きプロジェクトもこれからの復興活動の一助となる活動を考え行動に移していきたいと思います。

この福島県での活動で初めてリーダーという立場を経験させてもらい難しさを痛感し、なにより今までにない達成感を得ました。

今回、お世話になりました、
菊池会長、斎藤様を始め
商工会議所、商工会議所青年部、LOVEFORNIPPONの
みなさま。
心より感謝申しあげるとともに、また来年もお会いできるよう私たちも日々精進してまいります。

このブログを観て少しでも
福島県のこと、日本のことを
考えていただければ幸いです。

長くなりましたが
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

今週末には二子玉川ライズで
イベントがございます。
お時間を許す方はぜひご来場ください。

今後とも日本大好きプロジェクトをよろしくお願いいたします。

日本伝統文化伝承活動 日本大好きプロジェクト TOPページへ

福島県須賀川市『松明あかし 前夜祭ろうそくあかし』活動報告

投稿ナビゲーション


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。