空手写真

空手イベント概要

空手家による、型や演舞を間近で鑑賞していただき、その後子どもたちに簡単な突きや蹴りなどを実際に体験していただきます。
礼儀作法の指導などを通じて子ども達に、日本武道の奥深さや礼儀の大切さを感じていただければと思います。
空手の実演練習にあたっては、子ども同士で空手をふざけて使ってはいけないということも指導していきます。

先生方のコメント

・通常では出来ない体験ができたこと。子供たちには良い経験になった。
・武道という日本の伝統文化に対し、保護者、園児の関心が高く、多くの子供たちが参加し(77人)【空手】の演舞を見て、体験するという貴重な時間を過ごせました。“幼いころに本物に触れること”を大切に考えています。

内容

内容 日本空手協会に所属されている方による空手の披露
子どもたちへの空手の指導(礼・作法を重視)
時間 約50分
対象 幼稚園・保育園年長以上
上限人数 スペース次第では100名も可能
人員 専門家2~4名、ゼミ生2~3名
備考 裸足、動き易い服装

タイムテーブル

0:00 挨拶(イベント中の注意事項など)
0:05 空手の型、演舞、組み手などの披露
0:10 礼の指導
0:25 空手(突き、蹴り)の指導
0:50 終わりの挨拶(空手に関しての注意事項の再び)