将棋イベント写真

将棋イベント概要

プロ棋士による三回のシリーズ企画です。
初心者、経験者にクラス分けを行います。いずれの日も最初に挨拶、最後に片付けを全員一緒に行い、将棋の作法を指導します。
一日目は、子供達に将棋に触れていただく所から始めます。
その後、コマの配置、動きを覚えていただきます。二日目は、玉を詰ませることと、囲いなどの作戦を覚えていただきます。
三日目は、講師の方と10対1の多面打ちでの対局を行い、最後に終了証書を授与します。

先生方のコメント

・プロの将棋の方に教えていただいた子供達は全く興味の無かった子もどんどん将棋の素晴らしさに引き込まれていった。大学のプロジェクトとして、
よく頑張ったと思います。
・ゼミ生の努力が実を結んだのです。ありがとうございました。若い人の魅力だと思います。

内容

内容 プロ棋士による本格的な将棋指導
将棋に親しんでもらい、礼儀作法も学んでいただく
時間 約60分
対象 小学1年生~中学生
上限人数 20名
人員 専門家1~2名、ゼミ生2名
備考 対局のための机、指導のためのホワイトボードをご用意ください

タイムテーブル

一日目「将棋とはなにか」

0:00 挨拶、講師の紹介
0:10 将棋の歴史についてお話
0:20 クラス分け
A:経験者
B:未経験者
0:30 実技
A:駒の動かし方、並べ方の確認
B:駒に触れる、同じ種類の駒の仲間分け
0:40 休憩
0:50 実技を参考に再びクラス分け
1:00 実技
対局の前に礼儀のお話
A:講師と対局(10対1)
B:駒の動かし方、並べ方の確認
1:20 駒を種類分けしながら片付け
1:30 終わりの挨拶、今日のおさらい

二日目「作戦を覚えよう」

0:00 挨拶、講師の紹介
0:10 将棋の歴史についてお話
0:20 クラス分け(一日目と同じ)
A:経験者
B:未経験者
0:30 実技
A:玉をつめる→ペーパーテストを何問か解いてから対局
B:前回の確認→玉をつめる
0:40 休憩
0:50 実技
対局の前に礼儀のお話
A:囲い、櫓(やぐら)の作り方
B:講師と対局(10対1)
1:20 駒を種類分けしながら片付け
1:30 終わりの挨拶、今日のおさらい

三日目「対局しよう」

0:00 挨拶、講師の紹介
前日までのクラスに分かれて対局
A:講師と対局(10対1)
B:友達と対局
0:40 入れ替え
A:友達と対局
B:講師と対局(10対1)
1:20 駒を種類分けしながら片付け
1:30 終わりの挨拶、今日のおさらい
終了証授与