ちぎり絵イベント写真

ちぎり絵イベント概要

最初にテーマの花等をスケッチしてからうちわやはがきにちぎり絵をする2段階の企画となっています。
スケッチは屋内・屋外どちらでも可能です。
ちぎり絵体験では事前に専門家の先生からちぎり絵に関するポイント等の説明を聞き、みんなで一緒に作業を進めていきます。
日本独特の繊細な表現方法や折り紙との違いを体感してもらえたらと思います。
また、あいさつ時に石に和紙を貼る作業を入れ、和紙と触れ合っていただき、ちぎり絵に入りやすいように工夫しています。

先生方のコメント

・難しい部分もありましたが、全員がやり遂げられた事と楽しんでいる様子が見れ、良かった。
・子供達が楽しかった~!という元気な感想に感激した
・子供達が楽しそうにちぎり絵をしていた。

内容

内容 和紙に触れていただくことを目的とした宝石作り
自分の感性を活かしたちぎり絵体験
時間 約180分(屋外でのスケッチの場合)
約120分(室内でのスケッチの場合)
対象 小学生以上
上限人数 20名
人員 専門家1名、ゼミ生3~4名(ゼミ生のみの場合もございます)
備考 作業のため机、イス、鉛筆、のり等をご用意ください

タイムテーブル

0:00 挨拶
0:10 宝石作り(石に和紙を貼る)
道具配布
0:30 スケッチ開始(屋内または屋外)
道具配布、先生よりちぎり絵の説明
0:45 ちぎり絵体験開始
下絵を写す、和紙をちぎりのりで貼る
1:45 ちぎり絵体験終了
1:50 みんなで記念撮影
作った宝石を配布
1:55 アンケート実施
2:00 終わりの挨拶